ブリッジ・入れ歯|瑞祥デンタルクリニック|地下鉄 新栄町駅 徒歩1分

ブリッジ・入れ歯

ブリッジ・入れ歯治療について

歯を失って長期間放置すると、となりの歯が移動したり、反対側の歯が伸びたりして噛み合わせが悪くなります。
それを防ぐため、早期に欠損部にブリッジや入れ歯を装着して噛み合わせを改善します。

ブリッジ

ブリッジ

ブリッジは、入れ歯に比べてより審美的で違和感も少なく、取り外しもないという特徴があります。保険では一般的な被せ物と同じで、奥歯では白い被せ物は入らないので銀歯になります。
また、失った歯の本数や場所によっては、ブリッジの装着が難しい場合もあります。
最大の欠点は、健康な歯でも削ることがあり、さらに歯の神経を取る場合さえあります。

当院で扱うブリッジ

硬質レジン 保険適用のブリッジです。
裏打ちが金属になっており、見える側に硬質プラスチックを貼り付けます。

保険適用内のため安価なのがメリットですが、変色し黄ばんでくる、耐久性があまり良くない、光沢がすぐに消える、表面が傷つきやすい、磨耗して金属が見えることがある などのデメリットがあります。

ハイブリッドセラミック(自費診療) 強化プラスチックとガラスの複合材料を使用したブリッジです。

硬質レジンよりも水分吸収や変色、摩耗が比較的改善していますが、自費診療(保険適用外)のため費用がかかることと、やはり経年的に変色し光沢が消えていってしまうのがデメリットといえます。

メタルボンド(自費診療) 金属フレームの外側にセラミックを焼き付けて造られているブリッジです。

天然歯に近く変色しにくい、透明感がある、内側に使用する金属を貴金属にすることで金属アレルギーが起こりにくくなる などのメリットがありますが、自費診療(保険適用外)のため製作費用は高めになります。

オールセラミック(自費診療) セラミックのみを使用しており、金属やプラスチックを一切含まないブリッジです。

変色しない、アレルギーが起こりにくい、摩耗に強く耐久性が良い などの他、透明感などを含めて見た目が最も天然歯に近いのがメリットです。デメリットとしては、自費診療(保険適用外)のため製作費用は高めになります。

入れ歯

入れ歯

入れ歯は、残った歯に金具やバネがかかる部分入れ歯と、総入れ歯の2種類があります。

部分入れ歯は、バネを健全な歯にかけるので歯をダメにすることもあります。
しかし、ブリッジに比べ歯を削る量は最小限に抑えられるため、無理にブリッジを入れるより残った歯に格段に負担が少なくなる場合もあります。

当院で扱う入れ歯

レジン床義歯 保険適用の入れ歯です。レジンで作られており、比較的安価です。

材質やデザインに制限はありますが、「かむ」という入れ歯の基本的な機能に問題はありません。また、修理しやすいというメリットもあります。

しかしながら特に総入れ歯の場合、基本的には全てプラスチックのためどうしても分厚くなってしまい、快適さが損なわれたり、口の中で熱が伝わりにくくなったりするのがデメリットといえます。

金属床義歯(自費診療)

床の部分が、ゴールドまたはチタン、コバルトクロムといった金属でできた入れ歯です。

薄く作れるため、発音がしやすく、違和感も少なく済みます。また、冷たいものや温かいものの熱感が伝わりやすいので食事をより楽しむことができ、体との親和性・適合性に優れています。また、耐久性があり、汚れも付きにくいため清潔に保ちやすいです。

デメリットとしては、自費診療(保険適用外)となるため製作費用が高めになることと、修理しにくいこと、金属を使用するため金属アレルギーになるリスクがあること などが挙げられます。

  • ゴールド床義歯柔軟性に優れ、比較的体への影響が少ない、熱伝導性にも優れた入れ歯です。腐食しにくく、金属アレルギーの原因になりにくいのが特徴です。
  • チタン床義歯薄くて軽いため、お口の中に長く入れていても違和感が少なく、疲れにくい入れ歯です。インプラントにも用いられているチタンを使用しており、体の中に埋め込むことができるほど安全性の高い金属を使用しているのが特徴です。汚れが付着しづらく、耐久性にも優れています。
  • コバルトクロム床義歯コバルトクロムは、入れ歯治療に長く用いられてきた実績のある金属です。耐久性と快適性に優れており、金属床の中では比較的安価に製作できます。

ノンクラスプデンチャー(自費診療) 部分入れ歯の場合、金属のクラスプ(バネ)を歯に引っ掛けて口の中に装着する方法が主流ですが、ノンクラスプデンチャーはクラスプを引っ掛ける必要がないタイプの入れ歯です。

材質は半透明のプラスチックで、口腔内の色と同調するため、見た目が自然で美しく、装着していても目立ちにくく、食べものが歯茎と部分入れ歯の間に挟まるといったトラブルも起こりにくいのが特徴です。また、金属が使われていないため、金属アレルギーの方であっても使用できます。

デメリットとしては、プラスチックで出来ているため擦り減ってゆるくなる可能性があること、2~3年前後で定期的に新しい入れ歯につくり直さなければいけないことが挙げられます。

マグネットデンチャー(自費診療) 歯根と義歯に小さい強力な磁石を埋め込むことで固定する入れ歯です。

ぴったりと吸着しますので、いきなり落ちたり、ガタガタ動いたりすることが無く、安定性に優れています。また、バネを使用しないため、見た目も自然です。構造もシンプルなため、装着・取り外しが簡単です。

デメリットとしては、磁石を組み込むために歯が必要であるため、歯が全くない状態では行えないこと、歯に磁石を組み込むために歯の神経をとらなければならないこと、MRI検査を受ける際に注意が必要になること などがあります。また、心臓にペースメーカーが装着している方には使用できません。また、自費診療(保険適用外)となるため製作費用が高めになります。

インプラントオーバーデンチャー(自費診療) 歯を全て失ってしまった場合に受けられる治療法で、顎の骨に埋め込んだ最低2本のインプラントを支柱にして装着する、取り外し式の総入れ歯です。

通常の総入れ歯では、食事中にずれたり、食べ物が挟まったりして、痛みや食べづらさなどの問題が生じやすいですが、インプラントオーバーデンチャーの場合、インプラントに総入れ歯がしっかりと固定されるため、通常の総入れ歯に起こりがちな問題が生じなくなり、よくかんで食事ができるようになります。また、埋入したインプラントが歯根の役割を果たすので、顎の骨が痩せるのを抑制できるメリットがあります。

デメリットとしては、インプラントを埋め込む手術が必要で、自費診療(保険適用外)となるため費用も高くなります。

 インプラントについて詳しい内容はこちら

ご予約

お電話、インターネット、受付窓口でご予約を承っております。
不明な点やご質問などがございましたら、
お電話または受付窓口にてお問い合わせください。

お電話での
お問い合わせ・ご予約
052-935-0006

Google Mapで見る

 PAGE TOP